一言に木曽石といえど、その種類は豊富です。
【乱石】は自然に近い石積みができ価格も非常にリーズナブルです。
【景石】は公共施設や公園などに多く使われており、様々な形をしているのでオブジェとして使われています。
【ごろた】は10~30cmほどの大きさで、様々な場面に順応します。
【野面】は石積みに適しており、平面を使った統一感のある石積みが出来ます。
【縁石】は植木の周りや縁を作る四角い石です。
【飛石】は玄関までの導きに使用されています。
【大板】は非常の大きく、公園など広い敷地に使用され存在感があります。
【延段】敷石や貼石などに多く使われ、造園家に人気があります。
【平石】大きな平面が特徴の石です、豪快な石積みや壁として使われます。
【沓脱】自宅玄関の段差として利用され高級感があります、自然石での沓脱は非常に珍しいのです。
【木曽石まめごろた】非常に小さなサイズの石です、水を浄化するのにおすすめですが価格は安いとは言えません。
【加工品】当社では難しい木曽石の加工などをし、お客様の望む形に致しております。